高校受験に大切な内申書のすべて

facebook twitter line

中学生になると度々耳にする内申書や内申点という言葉。
高校受験で重要なことはなんとなくわかるけれど、どのようなものなのかは、いまひとつピンと来ていない人も多いのでは。ここでは内申書と内申点についてわかりやすく解説していきます。

目 次

内申書・内申点とは?

そもそも内申書や内申点はどんなものなのでしょうか?

内申書とは?

photo

内申書とは、1人ひとりの中学校の成績や学校生活をまとめた書類のこと。調査書とも呼ばれます。中学校の先生が作成、受験する高校に提出し、高校受験の合否判定の資料として使われます。
よく通知表と勘違いされますが、大きな違いは学業成績の記載の仕方です。通知表は学期ごとの学業成績が記載されますが、内申書は学年ごとの学業成績(通知表の三学期または後期)が記載されます。

内申点とは?

内申書に記載される成績のこと。基本的に、【5段階の評定×9教科の45点満点】の数値ことを指します。しかし、東京都では実技4教科は2倍にするなど、各都道府県が定める計算方法で計算された値を指すこともあります。

なぜ高校受験は内申書が大切なの?

高校受験では、学力検査の結果と内申書の成績が合算され合否が判定されます。学力検査だけでなく、内申書も合否判定に利用される理由は、中学校での日々の学習成果も考慮して評価するという考え方だからです。
内申点が高いほど、一発本番の学力検査のアドバンテージとなり、精神的な余裕が生まれます。普段の努力を評価してくれるのが内申書というわけです。ただし、利用される内申点は都道府県により違いがあり、東京都は中3のみですが、神奈川県は中2・中3の2年間、埼玉県と千葉県は中1・中2・中3の3年間の成績が対象となります。普段からきちんとした態度で授業や定期テストに臨みましょう。
また、入試で評価の対象となる内申点は、対象学年、重視される教科、内申点と学力検査の配分比率など、学校によってさまざまですが、学力が高い学校ほど学力検査の点数を重視する傾向がありますので、内申点が高くても学力検査対策を怠ることはできません。学力検査の対策も並行して行うことが大切です。

内申書って何が書いてあるの?

photo

内申書には、名前や生年月日などの基本情報のほか、内申点の元になる成績が記載された「各教科の学習の記録」、欠席や遅刻日数とその理由が記載される「学習の時間の記録」、生徒会や部活動の所属や役職・活動内容が記載される「特別活動」、中学校生活の様子が書き込まれる「行動の記録」、中学校生活について先生の言葉で本人を評価する「総合所見」などが記載されています。
高校入試に最も影響があるのは内申点ですが、内申書には課外活動や普段の学校生活もしっかりと記載されていることを押さえておくとよいでしょう。

内申点を上げるにはどうしたいいの?

内申書がどのようなものか分かった上で、内申点を上げるにはどのような対策をすればいいのでしょうか?
大きく4つの対策をご紹介します。

①定期テストで高得点をとる

photo

内申点は各教科の成績ですので、内申点を上げるためには「定期テスト」の結果が重要です。テストで良い点数を取ることがそのまま内申点アップにもつながります。
まずは、今までのテスト対策を見直しましょう。勉強時間が足りなかったら、いままでより1週間はやく勉強を始める。ノートまとめに時間をかけすぎたのなら重要語句のみに絞る。問題演習を怠っていたのなら、テスト対策用の問題集に取り組む。など、改善案を反映させたテスト勉強の計画を立てていきます。また、実技4教科についても内申点の対象なので、気を抜かずに対策を進めましょう。

②小テストも手を抜かず

定期テストよりは重要度が低いですが、小テストの結果も内申点に影響します。
漢字や英単語など、定期的に実施される小テストの学習もしっかりと取り組むようにしましょう。

③課題は期限を厳守

photo

提出物が締め切りまでにきちんと提出されているかも内申点の評価ポイントの1つです。
学校から配布されるワークやプリント、ノート、作品、レポートなどの提出物は、必ず期限を守るようにしましょう。提出物は作品の出来だけでなく、真剣に取り組んでいるかがチェックされます。実技教科の制作物などは各々得手不得手がありますが、丁寧に作っていれば先生は必ずわかります。苦手な作業も手を抜かずに丁寧に行うことが大切です。

④授業態度を見直そう

普段の授業態度も評価の対象となります。先生の話を真剣に聞いているか、積極的に発言しているかなど、授業に対する姿勢や意欲が求められます。だからと言って、変に先生に気に入られようとする必要はありません。居眠りをしない、内職をしない、私語をしない、など当たり前のことを守っていれば大丈夫です。
また、授業中にわからないことは先生に質問するなど、授業に積極的に参加することは、学力アップにも効果的です。わからないことをその場で解決しておくことで、定期テスト対策も楽になります。

ビザビで高校受験対策をしよう!

photo

栄光の個別ビザビは、先生が隣に座り寄り添い指導するスタイルで1人ひとりに最適な学習プランをご提案。
定期テスト対策では、お通いの中学校の頻出問題対策や苦手単元の演習など、あなた専用の学習計画表を作成し、いつ何をどこまで演習するか、細かく決めた上でテスト対策に臨みます。
また、授業のない日も自習室(i-cot)は自由に利用可能、わからないところは先生に質問もできます。高校受験を見据えた定期テスト対策は栄光の個別ビザビにお任せください!

関連記事

公立中学生の個別指導

栄光の個別ビザビは公立中学生1人ひとりに合わせた指導を行います。

ページトップへ

プライバシーマークを取得しています