大学受験当日の服装は制服?それとも私服?

facebook twitter line

近づく大学入試。当日に着る洋服は決めていますか?制服を着た方がいいのか?私服でもいいのか?私服なら何を着たらいいのか?など悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
入試で実力を出し切るためにも、当日までに、試験以外の不要な不安は取り除いておくことが肝心です。今回は試験日の服装について解説します。

目 次

大学受験当日に着るベストな服装は?

photo

基本的に、大学入試では服装に決まりはありません。しかし、着用NGな洋服があります。それはデザインとして文字やロゴが入った洋服です。特に英字や漢字などが書いてある洋服はカンニング対策として会場で着替えさせられることがあります。逆を言えば、その点に注意すれば、どんな服を着ても問題ありません。

おすすめは、脱ぎ着がしやすい服

大学受験は1月~3月にかけて行われます。季節的に寒い時期ですが、試験会場は暖房がきいているので、暑く感じることも。そのため、脱ぎ着がしやすい洋服がお勧めです。制服であればブレザーの中にセーターを着て調節します。私服ならばシャツにカーディガンを重ねるなど脱ぎ着しやすい組み合わせの洋服を選びましょう。

新品よりも普段着ている洋服がよい

試験会場では、実力を出し切るためにリラックスして臨みたいもの。着慣れない新品の洋服で着心地が悪いと緊張を助長する可能性もあるので、普段から着ている洋服がお勧めです。
制服であれば普段から着慣れているものですので安心です。私服の場合は、事前に気になるところがないか確認してみるとよいでしょう。模試や塾の授業などを同じ格好で受けてみると意外と足元が寒い、袖口のボタンが気になるなど不都合な箇所が見えてきます。

面接試験の場合の服装は?

photo

面接試験の場合も制服・私服ともにOKですが、選び方は筆記試験の時よりも配慮が必要です。 服装が合否に大きく影響することはありませんが、面接は第一印象をよく見せることが必要です。制服がある場合は制服、制服の無い学校の場合はスーツなどのセミフォーマルを意識しましょう。

男子はポイントを押さえて清潔感を出そう

男子は清潔感を感じさせる身だしなみを意識しましょう。髪型は短髪がおおすすめ。ワックスでがちがちに固めるようなセットは避け、自然な髪型にしましょう。
また、シャツにアイロンをかけるのはもちろん、ズボンのセンタープレスにアイロンをかけることも忘れないように。シャツのボタンはしっかりと留め、ベルトも着用。
汚れやほつれがないかも前日までにチェックしておきましょう。

女子は自由なほど難しい

女子の場合、服装に自由が多いほどチェックポイントも多くなります。しかし最も気にしなければいけないのは男子と同様、清潔感です。髪の毛が長い人は1つに結び、ショートの人も顔にかかる髪の毛は耳にかけましょう。前髪は、表情を見やすくするようにピンなどでとめるとすっきりします。メイクはあまりよい印象を持たれないので、面接時は控えた方がよいでしょう。
シャツやスカートは事前にしわや汚れがないかをチェックし、アイロンをかけておきましょう。スカートの長さは膝丈、襟元のリボンやネクタイにゆるみがないよう着用します。スーツの場合は黒や紺のなどの落ち着いた色味のものを選ぶようにしましょう。
また、アクセサリーの着用も基本はやめた方が無難です。あくまでもシンプルにまとめましょう。

大学入試当日にあると便利な持ち物

寒さ・暑さは服装で調整するのが基本ですが、持っていると安心で便利なものをご紹介します

使い捨てカイロ

photo

貼るタイプと手持ちタイプの2種類あると便利です。貼るタイプのものは試験会場が寒い時、洋服の上から貼って温めたり、緊張で起こりやすい腹痛を和らげる効果も。寒い外でかじかんだ手を温めるには手持ちタイプが便利です。

大判マフラー

寒いシーズンなのでマフラーをする人も多いと思いますが、大判のものがおすすめです。女子は足元が冷えやすい人が多く、大判のマフラーならひざ掛けとしても利用できます。コートを膝かけにする人もいますが、ずり落ちたりすと気が散りやすいためフラットなマフラーが活躍します。

ヘアゴム、ヘアピン

試験中に髪が落ちてくると邪魔に感じることがあります。髪の毛が長い人は1つに縛ってしまうとよいでしょう。また、髪が短い人も前髪が気になることがあるので、ヘアゴムもしくはヘアピンを持っていくとよいでしょう。

当日に服装を決めるのはNG!

試験当日は、大きな緊張を感じると思われます。また、出掛ける直前まで勉強したいことや、持ち物の確認の時間も必要です。そのため、いざ着る時に悩むことがないよう、着ていく洋服は事前に決めておきましょう。 前日は早めに寝てしっかり睡眠をとり、万全の体調で試験に臨んでください!

気軽に相談できる講師と二人三脚で受験対策!

photo

ビザビの個別指導は、講師が生徒の隣で指導を行いますので、1人ひとりの学習状況・得意不得意を把握できいます。そのため、得意な単元は駆け足で、苦手な単元はじっくり時間をかけてわかるまで教えるなど、生徒に合わせた指導することが可能となり、無駄がなく効率のよい学習ができます。
また、講師と生徒の距離が近いので、授業の質問だけでなく、受験に関する心配事や気になっていることを、気軽に相談できます。入試の服装や持ち物、前日の過ごし方なども親身にアドバイス。授業の前後に講師と話すことが受験勉強の息抜きになっていると答える生徒もたくさんいます。志望校合格に向かって、ビザビの講師と二人三脚で進んでいきましょう!

ページトップへ

プライバシーマークを取得しています