ライバルに差がつく!大学受験の勉強法

facebook twitter line

地域の同級生がライバルだった中学受験や高校受験とは違い、大学受験は全国の高3に加え、浪人生がライバルとなり競争が激しくなります。ライバルの数が多いため、戦略を持って勉強を進めていかなければ、ライバルをリードすることはできません。
今回は、ライバルに差をつける大学受験の勉強法をご紹介します。

目 次

思い立ったら即行動!大学受験は早い準備が効果的

photo

大学によって受験科目数が異なりますが、国公立大学だと5教科7科目、私立だと3教科3科目が一般的です。教科数も多く難度も上がるため、対策には多くの時間が必要です。そのため、早く始めれば始めるほど対策にかけることのできる時間が増えます。
大学受験を意識し始めたら、その瞬間から受験勉強を始めましょう。

受験勉強を始める前に大事なこと

勉強を始めようにも、どの教科が入試に必要になるかがわからないのでは、手のつけようがありません。まずは、志望大学や目指す学部・学科を考えましょう。 各大学の入試要項を確認すると、受験科目や受験方法が分かるので、具体的な対策を立てられます。

効率的な大学受験の勉強法

対策する教科がわかったら、各教科の勉強をしていきます。勉強で大切なのは、PDCAを繰り返すこと。計画立案→模試で効果が出ているかを確認→結果をもとに計画を修正。この工程を繰り返していきましょう。

学習スケジュールの策定が8割

photo

受験勉強というと、すぐに各教科の勉強をしたくなりますが、それはN G!まずやるべきことは、入試日までの「学習スケジュール」を具体的に決めること。限られた時間の中で、すべての出題範囲と志望校対策を進めるためには、「いつ・何を・どこまで」やるかを明確にすることで、具合的な学習内容が見えてきます。それをスケジュールに落とし込んでいけば、入試までの道筋が見えてきますので、後は実行あるのみ。
ただし、無茶なスケジュールを作ってしまうと、スケジュール通りに勉強できない日が出てきてしまい、目標が達成できないとモチベーションも下がってしまいます。「受験勉強の効率が上がるスケージュールの立て方」を参考に、無理のないスケジュールを立てましょう。

勉強することがたくさん!なにから始めればいい?

まずは、主要科目の基礎を固めましょう。さらに受験生が後回しにしがちな理社は早めに始めるとライバルに差をつけられます。
過去問や応用問題をやりたくなる気持ちもわかりますが、基礎的な語彙や文法、公式・定理とその使い方などが身についていなければ、応用問題に取り組んでも十分な効果は得られません。まずは、基礎固めに重点を置いて学習していきましょう。

模試を定期的に受けて、自分の実力を把握しよう

自分の学力が計画通り上がっているのかを調べるために、模試を活用しましょう。そして模試の成績は点数に囚われるのではなく、勉強した問題が正解しているかを、単元ごとに細かく確認していきましょう。できていない部分があれば、その単元の学習を追加するなど、都度学習スケジュールを見直しましょう。
模試の返却資料は苦手を知り、この先の得点につなげる宝の山!余すところなく活用しましょう。

大学受験では、勉強量の確保が必須

photo

勉強時間の多さと学力の向上は比例するわけではありませんが、大学受験は内容の難しさと学習量の多さから絶対的な演習時間の確保が必要です。
ビザビの姉妹ブランド「大学受験ナビオ」の合格者アンケートでは、半分以上の人が1日7時間以上勉強したと答えています。早めに対策を始めたい理由は、こういった学習時間の確保が必要なためでもあります。

塾や予備校に通う理由

大学受験のために、多くの人は塾や予備校に通います。もちろん、塾や予備校に通わなくても受験対策は可能ですが、塾や予備校は基礎力の強化や学力向上、志望校対策の他、年々複雑化している選抜方法や過去の事例などの大学入試情報収集、学習スケジュールの管理やモチベーション維持など様々な役割を果たします。
ビザビでも高校生を対象に現役大学合格を目指して対策を行っています。また大学受験は、志望大学や受験形態により対策の仕方は様々。ビザビでは、個別指導の特性を生かし、1人ひとりに合わせた学習計画を作成しています。さらに塾の授業だけでなく普段の学習状況にまで目を配り、学習内容や勉強法のアドバイスを行うことで、効率的な学習を支援します。

ビザビで志望大学を目指そう!

photo

ビザビは、1人ひとりの「目標」「現状」「週に確保できる学習時間」「性格」「部活動等のスケジュール」はもちろん、一般入試や学校推薦型・総合型(旧AO)選抜入試などの受験形態や受験科目に考慮して、志望大学合格に向けたベストな計画表をご用意します。個別指導塾だからこそ、個々の学習状況を講師が把握し志望校合格までの道筋を作ることが可能です。
また、指導内容も定期的に見直し、今の学力に合った内容をわかるまで丁寧に解説。授業中わからなくなったらいつでも質問できます。講師がつねに隣に寄り添い、あなたのペースに合わせて授業を進め、志望校合格に近づけます。

ページトップへ

プライバシーマークを取得しています