「大学受験に失敗したらどうしよう」と考える人へ

facebook twitter line

受験勉強をしていると、「失敗したらどうしよう...」と不安に襲われることがありますよね。特に大学受験は、最終学歴になることから不安に思う人が多いようです。しかし、大学受験は人生の通過点の1つ。その後の頑張り次第で未来を変えることは充分に可能です。

目 次

「大学受験に失敗したら」という考えはやる気も失わせる

受験生であれば、誰でも「失敗したらどうしよう」というマイナスなことを考える瞬間があるでしょう。しかし、もしものことを考えても受験の不安は解消されることはありません。それどころか、マイナス思考は頑張ろうという意欲も失わせてしまいます。

なぜ不安になってしまうのか

photo

不安を取り除くためには、なぜ不安になるのかを考えてみましょう。
不安は漠然としたものですが、どこかに不安になる原因があるものです。たとえば、模試の結果が悪かったことで不安になっているのであれば、出来なかった問題を復習して、確実に正解できるようになれば不安は解消できるでしょう。
今の勉強法で合格できるかが不安なら、自分の学習状況を分析し、足りていない部分があれば勉強の仕方を変えてみましょう。不安の原因を1つひとつ探り解決していくことで、マイナス思考に陥らず前向きに勉強できます。

志望校の選択は慎重に

ただし、努力すること以外にも大学受験が失敗だったと思わないように、気を付けたいポイントもあります。それは情報をしっかりとキャッチすることです。

受験手段を確認しておく

大学入試は多様化しています。一般入試にも共通テスト利用の入試や大学の独自試験の入試、英語民間試験を利用した入試など複数の制度を採用している大学も多く、入試制度を理解することが受験対策をする上で初めの一歩とも言えるでしょう。他にも学校推薦方選抜や総合型選抜などの推薦入試もあります。「あの制度も使っておけばよかった」とならないように、受験を検討している大学は早めに資料を取り寄せ、入試制度までしっかりと確認しておきましょう。

併願校も自分が通うイメージが持てる大学を選ぶ

photo

ビザビでは大学受験をする生徒には、大体10校・学部ほど受験するように勧めています。入試直前までの伸びや学校の問題との相性によっても合否が変わってくるためです。
しかし、第一志望を意識し過ぎて、併願校を偏差値のみで選んでしまったため、第一志望以外へ進学することになった場合、「失敗」と捉える人が毎年一定数出てきます。実際に大学生活を送って「こんなはずじゃなかった」とならないように、第一志望以外の大学も幅広く調べておくことが必要です。
とはいえ、全国に数多くある大学の中から、自分にあった大学を1人で見つけるのは大変です。情報収集は、インターネットで調べたり、学校の先生に相談したりするのが一般的ですが、塾の先生に相談するのもおすすめです。ビザビなら豊富な大学情報の中からあなたに合った大学や学部を紹介することが可能です。入学後の自分が描ける大学を探し出してください。

失敗しない秘訣は、きめ細やかな学習状況の確認

不安を払拭するには、入試までの学習スケジュールを立て、定期的な模試受験で自分の学習状況の分析を行い、学習面でのやり残しが無いようにすることも大切です。
1人では自分の学習状況を分析をするのが難しいときは塾を利用すると良いでしょう。ビザビでは生徒一人ひとりの学習状況を定期的にチェックし、具体的な学習内容のアドバイスをしてます。また、志望校に合わせた対策や苦手単元の集中フォローなど、個別指導の特性を生かした細やかな指導で、受験までにやり残しを作りません。
さらに、精神面でもサポート。不安や悩みをがあれば、気軽に相談してください。適切なアドバイスで、安心して勉強に取り組むお手伝いをいたします。

浪人も選択肢の1つ

全てをやりきっても志望校に届かなかった場合、浪人するという選択肢もあります。浪人して第一志望校合格をつかみ取る人もたくさんいます。ただし、強い意志とともに予備校に通う経済的な負担もあるので、保護者の方としっかりと話し合うことが必要です。

自分が納得して進むことが必要

photo

受験への不安は誰にでも襲ってくるものです。しかし、後悔をしないためにやり切る努力と大学や入試に関する豊富な情報があれば、不安にも打ち勝つことができます。自分が納得して進んでいけば、不安な気持ちに振り回されることもなく、どのような結果が出ても後悔をすることはありません。
ビザビは、皆さんの現役合格を実現するために全力でサポートいたします。大学受験で不安がある方はぜひお問い合わせください。あなたに合った学習と情報をご提案いたします。

ページトップへ

プライバシーマークを取得しています