勉強へのモチベーションを維持する方法

facebook twitter line

受験勉強は、学習範囲が広く、モチベーションの維持が難しいものです。しかし大学受験や高校受験で勉強漬けになる1~2年、年単位の長い時間の中でモチベーションが上下するのは当然のことなのです。今回はモチベーションを上げ方とモチベーションを維持する方法をご紹介します。

目 次

モチベーションは自分で上げるもの

photo

長い受験生活の中、「勉強したくないな...」と感じることはよくあります。人は、一度ネガティブな気持ちになると、どんどんマイナス思考になってしまいます。そうならないためにも、意識して自らモチベーションを上げていくことが必要です。
ただ、1人でつらい思いを抱えてしまっているようであれば、すぐに誰かを頼ってください。ビザビの先生は受験のプロ。今抱えている悩みはもちろん、勉強の方法が合っているのかなど、あなたの不安をプロの目線で分析し、解決方法をご提案します。

資料請求
体験学習

モチベーションを上げる方法

ここでは、最近モチベーションが下がっているなぁと感じている方向けに、モチベーションを上げる方法をご紹介します。

志望校を決め、オープンキャンパスなどに参加する

もし志望校が決まってない人は、志望校を決めましょう。将来どんな職業に就きたいか。大学ではどんなことを学びたいか。どんな場所で勉強したいか。など、数年後自分がどうなりたいかを想像することで、モチベーションが高まります。
また、志望校は決まっているけれど、モチベーションが落ちてきたら、オープンキャンパスなどを利用して志望校に行ってみましょう。おぼろげに見えている将来のイメージがオープンキャンパスに行くことで、明確になります。ちなみに、オープンキャンパスは何度行っても問題ありません。何度も足を運んでみましょう。

入試までの学習スケジュールを立てる

志望校が定まったら、まずやってほしいことは学習スケジュールをたてること。自分の今の成績から、志望校合格に必要な学習量を逆算します。最初はやらなければならないことの多さにびっくりするでしょう。しかし、月単位、週単位、最後に1日単位に分けると、意外と少なくなります。学習スケジュールをたてるメリットは、日々の学習が習慣化されるとともに「今週は数学の二次方程式を完璧にする。」など、小さな目標の終わりがすぐ近くに見えるため、モチベーションの維持がしやすくなります。

競争相手を見つける

誰かと競い合うことで、モチベーションが上がる人は学校や塾に競争相手を見つけてみましょう。競争相手が塾の自習室で勉強してたら、自分も勉強しなくちゃ!と思えますし、模試の結果がライバルより悪かったら、悔しい気持ちがやる気に火をつけてくれることでしょう。

ご褒美を用意する

photo

競い合うことが苦手な人は、自分にご褒美をあげる作戦はいかがでしょうか?"1週間の学習計画をすべてこなす"、"模試で良い結果を出す"など目標を立てクリアできたら"ケーキを食べる"、"好きな映画を見る"などご褒美を用意すると、ご褒美のためにがんばろう!と思えます。

定期的に勉強の進捗を確認してもらう

長い受験勉強期間、模試の結果が悪くモチベーションが下がるなんてこともあるでしょう。そういう時は、自分の学習方法が間違っていないか、客観的に確認してもらうのがおすすめです。ビザビでは、毎週の授業で学習の進捗を確認するほか、現在の学習状況や成績の上がり具合などを確認し、勉強の仕方が間違っていないか。不安に思っていることはないか話し合う面談を行っています。定期的な進捗確認が、自分の勉強が間違っていないという確信につながります。また面談はいつでも組むことができるので、不安がでてきたときは早めの相談してください!

モチベを上げて、志望校合格を目指そう!

photo

モチベーションを上げる方法は人それぞれ。長い受験勉強を乗り切るには、自分で行動してモチベーションを上げるしかありません。自分だけでできるもの、人に頼るもの、いろいろな方法がありますが、自分に合った方法を複数見つけおきましょう。
ビザビの先生は生徒の苦手や性格を把握しているので、モチベーションアップの相談相手にぴったり!あなたの受験勉強もモチベの維持もサポートします!

資料請求
体験学習

LINEでも勉強に役立つ情報を配信中!

ビザビの公式LINEアカウントでは、勉強に役立つ情報やお楽しみコンテンツを配信中!ビザビとお友だちになろう!

友だち追加

ページトップへ

プライバシーマークを取得しています