大学受験の受験勉強はいつから始める?

facebook twitter line

「大学受験の勉強をいつから始めればいいかわからない...」そんなことを思ってこの記事にたどり着いた人は多いでしょう。大学受験の勉強を始めるのは早ければ早いほど効果的ですが、高2になったら始めるのがベストです。

目 次

大学受験は高校受験よりも大変!

photo

高校入試の倍率は公立校で1~2倍、私立校でも2~4倍だったのに対し、大学入試は5~10倍前後の大学が多く、人気大学では15倍を越えることも珍しくありません。
高校入試では、近隣の中学生(私立高校だと首都圏の中学生)がライバルでしたが、大学入試になると対象が全国にいる同学年の高校生と広がります。さらに、中高一貫生や浪人生など学習進度や学習量が違う受験生も加わってくるため、高校入試よりも大学入試の方が合格を手にすることが大変になるのです。

大学入試の受験勉強はいつから始めればいいのか?

高校入試の際は、中3から受験勉強を始めた人も多かったのではないでしょうか。しかし、前述したように大学入試は高校入試よりも競争が激しくなります。
高校入試が終わった後、完全に勉強をやめてしまい、学習のリズムがくるってしまった経験はありませんか?一度勉強する習慣が途切れてしまうと、元のペースに戻すのは簡単なことではありません。常に学習習慣は継続しておきたいですね。そのうえで、受験勉強を始めるのは高2から始めるのがおすすめです。

高2では苦手科目を克服

主要科目においては、高2で学ぶ内容が高3で学ぶ内容の土台となります。基礎段階での理解が不十分のまま進んでしまうと、高3になって取り戻すのが一層難しくなってしまいます。高2のはじめは暗記モノの学習に多くの時間を割くのではなく、基礎の定着と苦手科目の克服にじっくりと取り組むことが重要です。また夏休み前までには、学習スタイルを確立しておきましょう。予習・復習のやり方など自分に合った勉強スタイルを身に付け、1週間のうち、いつどこで何を勉強するといった学習パターンを作ることが大切です。

高2の夏ごろから理科・社会の受験勉強開始

理科・社会の受験勉強は、遅くとも高2の夏から受験勉強スタートさせましょう。ついつい理科・社会は後回しにしがちですが、現役生と浪人生との実力差が一番でるのがこの2教科なのです。

なぜ理科・社会は浪人生との差が縮まりにくいのか?

英語・数学・国語の主要教科は、現役生は高1から高3までの3年間、浪人生は4年間勉強してきています。その差は1年です。一方、理科・社会は、高3から始める受験生が圧倒的に多いので、現役生は1年間、浪人生は2年間かけて勉強することになります。どちらも同じ1年間の差ですが、3年と4年の1年間と、1年と2年の1年間では、全体に占める割合が異なり当然重みが違うのです。
また、志望校対策を進めるためにも、高3の秋までにはひと通りの学習を終えなければなりません。高3の4月から10月までの半年間で理科・社会の勉強を終えるのはかなり難しいことです。特に国公立大の志願者は、理系であれば理科2科目、文系は社会2科目が必要となるので、高3になってからスタートするのでは、ほぼ間に合いません。
ただし、受験科目を決めないことには勉強しようがないので、高2の早いうちに志望学部・学科をしっかりと決め、少しでも早く理科・社会の勉強に取り掛かりましょう。

高3の春は基礎固めを始めよう

photo

大学入試では、1~2割の難しい問題よりも、5~6割を占める基礎的な問題でしっかり得点することが大切です。高3の春はとにかく主要科目の基礎を固めましょう。夏までに基礎を完成させ、弱点の補強も済ませておきたいですね。

高3の夏休みをどう過ごすかで大きな差が生まれる

夏休み前半の学習でも優先したいのは、引き続き基礎力の養成です。焦る気持ちはわかりますが、基礎的な語彙や文法、公式・定理とその使い方などが身に付いていなければ、高度な問題集に取り組んでも十分な効果は得られません。特に英語・数学・国語の主要教科は、学習の成果が表れるまで時間がかかる教科です。毎日の学習プランに組み込み、コツコツと勉強するようにしてください。
また、授業についていけず苦手になってしまった科目・単元は挽回する最後のチャンスです。得意科目ばかり勉強を進めたくなる気持ちもわかりますが、時間をかけてもう一度基礎からやり直し、しっかり克服してしまいましょう。
夏休み後半からは、応用力を磨いていきましょう。上位校を狙う人は、過去問を使った問題演習に着手して、受験校対策に取り掛かるのが理想です。しかし、まだ基礎に不安があるという人は、焦らず基礎固めに重点を置いた学習を続けてください。また、推薦入試を受ける人は、小論文対策をスタートさせましょう。出題テーマとして、新聞の社説やコラムが使われることが多いので、新聞を毎日読むことも大切です。

ビザビで効率よく実力アップを目指そう!

photo

大学受験は、学習内容も難しく長期的に対策をしていくことが不可欠です。しかし、長い時間をかけて勉強しているとモチベーションが保ちづらいことも。
ビザビでは、1人ひとりにあった学習計画を作り、志望大学合格に向けてスモールステップで進んでいくので、モチベーションを維持することができます。
また、得意な単元はスピードアップ、苦手な単元はじっくりなど、1人ひとりの学習状況に合わせて進むので忙しい高校生も効率よく学習を進められます。
さらに、ビザビには授業がない日でも利用できる自習室があり、わからないところはその場で質問できます。ビザビで効率よく学習し、実力アップを目指しましょう。

資料請求
体験学習

大学受験専門の学習塾 大学受験ナビオ

photo

栄光の個別ビザビの姉妹ブランド 大学受験ナビオは高校生専門の学習塾です。グループ指導・個別指導・映像指導の中から最適な学び方をご提案し、大学受験現役合格へと導きます。
ナビオには授業を行う講師とは別に学習面での悩みを一緒に解決してくれる「ナビゲーター」がいます。先生よりも気軽にいろいろ相談できる「頼れる存在」です。勉強面の悩みや不安もなんでもお話ください。大学受験を知り尽くした「ナビゲーター」が志望校合格までしっかりナビゲートしていきます。

大学受験ナビオ

LINEでも勉強に役立つ情報を配信中!

ビザビの公式LINEアカウントでは、勉強に役立つ情報やお楽しみコンテンツを配信中!ビザビとお友だちになろう!

友だち追加

ページトップへ

プライバシーマークを取得しています