中学生・高校生が必要な読解力をつける方法を教えます!

facebook twitter line

昨日の国語のテスト、どうだった?

男子生徒
女子生徒

あんまり点数がとれなかったの。
時間も足りなくて、見直しもできなかったし...

国語って、どうやって勉強したらいいのか、いまいちわからないし...

男子生徒
女子生徒

先生には、「読解力」が足りないって言われたんだけど、どうしたらいいのかな?

先生

読解力とは、文章を読んで正しく内容を理解すること。近年は長文読解だけでなく、問題文も長く複雑になっているため、読解力が必要になっています。

読解力とは、どんな力?

読解力とは、文章を読んでその内容を読み取る力のことです。
物語文であれば、登場人物と場面、関係性をつかんだうえで「誰が」「何をしたか」「その後どうなったか」、随筆文や論説文であれば、「筆者が伝えたい主張や意見は何か」など、内容を正しく理解する力を意味します。

読解力が低いと、どんな問題があるの?

読解力が低いと長文読解などの問題はもちろんのこと、問題文の内容を理解することが難しく時間がかかります。そのため、必要以上に時間がかかり、時間内に解き終えないことも。
また、読解力が低いと問題なのは国語だけではありません。数学や英語など、他の教科の問題でも求められていることをきちんとつかむことができなければ、正しい解答を導くことができないのです。

大学入試が変わる!ますます読解力が必要な時代へ

2021年1月に実施される大学入試から、大学入試センター試験が代わり「思考力・判断力・表現力」が深く問われる「大学入学共通テスト」が開始されます。
大学入学共通テストでは、テスト時間が今までのセンター試験よりも長くなり、問題の文章量が3倍程度増える見込みです。問題文から的確に意味をとらえ、解答していくには膨大な文章や複数の資料から要点を見抜く「読解力」が今まで以上に重要となります。
この傾向は、大学入試だけでなく高校入試にも影響を及ぼしていくと考えられます。

ええっ!問題の文章量が3倍に増えるの?

男子生徒
女子生徒

どうやったら読解力って身につけられるのかな...?

先生

読解力をつける方法を3つ教えます!

読解力を鍛えるにはどんな勉強をすればいい?

よく、国語はセンスだといわれますが、文章の読み方や解き方がわかれば成績は上がります。読解力も同じです。読解力を伸ばすための勉強法を3つご紹介します。

先生 わからない言葉はすぐに調べよう!

文章の中に難しい言葉が出てくると詰まってしまいますよね。試験中は前後の文脈から想像することもできますが、知らない言葉が多すぎるとそれも難しくなります。そのため普段からわからない言葉を目にしたらすぐに調べることを習慣にしましょう。
辞書で調べたら語句ノートにまとめるなど、言葉の意味を覚えていくようにすると語彙力がつき、文章の意味を理解しやすくなります。

先生 文章を要約してみよう!

「誰がどこで何をしたか」「筆者が言いたいことは何か」を意識して、決めた文字数に短くまとめる「要約」の練習をしてみましょう。
要約は文章の内容を正確に読み取り、自分の言葉で言い換える作業なので、文章を考えながら読む練習としても効果的です。

先生 要約した内容を誰かに伝えてみよう!

読んだ本や文章の内容を友だちや家族に伝えてみましょう。
自分自身が文章の内容を理解していなければ、相手にうまく伝わりません。内容をまとめて順序立てて説明する練習をすることで、自分の気持ちを表す言葉の引き出しが増え、記述式の問題に必要な表現力も身につきます。

読解力を伸ばすためには、
文章の読み方を変えることが必要です。

読解力は、読書をすれば身につくものではありません。文章を理解し、考えながら読むことで初めて身につけることができます。そのためには、語彙力をつけ、要約やアウトプットなどの練習が大切です。
読解力は今後ますます必要となってくる力ですので、早いうちから対策をしておくようにしましょう。

栄光の個別ビザビでは
寄り添う指導で、文章の読み方を丁寧に指導します。

読解力を上げるには、読んでいる内容を理解し、イメージすることが大切です。
栄光の個別ビザビなら、先生がわかるまでぴったり寄り添い指導を行います。読み方がわからなければ、文章の意味やイメージが合っているか先生と会話をしながら進めることも。
不安な部分をすぐに聞くことができるため、文章の読み方やポイントがわかるようになります。

教育情報はLINEでも配信中!

ビザビの公式LINEアカウントでは、勉強に役立つ情報やお楽しみコンテンツを配信中!ビザビとお友だちになろう!

友だち追加

ページトップへ

プライバシーマークを取得しています