学校の宿題やテスト勉強...やらなきゃいけないけどやる気が出ない。楽しく勉強する方法とは!?

facebook twitter line

学校の宿題やテスト勉強...学生の本分は勉強ですが、勉強が嫌いな人が多いものも事実。やらなければいけないと頭ではわかっているのに、できないのはもったいない!やらなければならないのならば、せめて楽しく勉強できるようになりたいですよね。今回は、楽しく勉強する方法を考えます。

目 次

小さい頃は楽しかった勉強

皆さんは、小さいお子さんに「それ何?」「どうして?」「やってもいい?」と聞かれたことはありませんか?
この気持ちが知的好奇心であり、あらゆる学びのきっかけとなってくれる気持ちなのです。
しかし、学校の勉強はすべてが知的好奇心をくすぐるものではありませんよね?"英語は好きだけど数学は嫌い"など、「好き・嫌い」という感情が働きます。
「数学が苦手だ」という人の中には、嫌いな理由が「数学に興味がもてないから」「数学をやろうとすると、なんとなく嫌な気持ちになるから」と理由があいまいな人がいます。このような考えの人は数学が「できない」のではなく、「興味が無く」「嫌い」だから「苦手」と感じてしまうのです。

「苦手意識」を進行させるのは、「自信の無さ」

photo

栄光の個別ビザビにも、「数学が苦手です」「英語が苦手です」という中高生からのお問い合わせを多くいただきます。しかし、みなさん丁寧に指導をすることで、問題を解くことができるようになるのです。
「○○が苦手」という中高生のほとんどは、「どうせ私にはわからないから」「また間違ってしまうだろうから」といった「自信の無さ」ない人が多いです。
きちんと解説を聞けばわかる問題を、早々に諦めてしまうことはありませんか?自信のない人は、1度分からない問題を先生にじっくり質問してみると自信につながります。

栄光の個別ビザビでは、苦手な教科も丁寧に指導し、たくさんの問題を解くことでたとえ最初はわからなくても、「落ち着いて取り組めばちゃんとわかるようになる。」と自信へつながるように、指導を行っています。解き方が分かると、その教科に興味が出てきて、勉強の楽しさが分かるようになるのです。

楽しく勉強するには、学習計画を立てて、メリハリを持つことが大事

photo

とはいえ、自信が持てるようになるまでたくさん勉強するのは大変ですよね。
そこで必要なことは、メリハリをつけること。中でもスケジュールを立てて勉強する人の方が正答率が上がることが分かっています。

実行できる学習計画づくりの3つのポイント

① 物事に優先順位をつける

すべてを完璧にこなそうとする計画は無理が生じやすいもの。予定通りにいかなかったときのことも想定して優先順位をつけておくことが大切です。

② 実際の生活に合わせて計画を立てる

たとえば、英語・数学・国語・理科・社会を30分ずつ...といったように機械的に時間配分するのではなく、苦手科目は短めに、好きな科目は長めに設定すれば、机に向かう抵抗感も小さくなります。
また、お友だちと遊ぶ時間や毎週見ているテレビが放送する時間を避けて計画をたてることで、実際の生活にあった計画を立てることができます。

③ 長時間の勉強は非効率。学習内容も重要

2014年の調査で成績上位で学習時間が短い生徒は成績上位で学習時間が短い生徒に比べ、「何がわかっていないか確かめながら勉強する」人が多いという結果になりました。
学習効率や密度を高めるためには、行き当たりばったりの学習や、なりゆきまかせの学習ではうまくいきません。
苦手がある人はその単元に集中して取り組むなど、学習内容も決めておくようにしましょう。
勉強中は重要なところはどこかを考えながら勉強したり、丸付けをした後に解き方や考え方を確かめるようにすることも効果的です。

栄光の個別ビザビで勉強を楽しくする第一歩を踏み出してみませんか?

photo

栄光の個別ビザビは、生徒2人に講師1人の個別指導。
講師は生徒の隣に座っているので1人ひとりの学習の進み具合や手が止まる部分を確認することができるので、自分でもわかっていなかったつまずきポイントや苦手意識が強いポイントを集中して学習することができます。
「わかる」体験を積み重ねることで、勉強楽しさを伝えていきます。

かんたん30秒入力 資料請求
体験学習 申し込み

ページトップへ

プライバシーマークを取得しています