中学校と高校の勉強の違い~学習内容も進度も大きく変わる!~

facebook twitter line

中学校と高校では学習内容の難度や進度、大学受験に対する準備や心構えなどさまざまな点で違いがあります。この違いをきちんと認識し、高い意識をもって取り組むことが、3年後の志望大学合格の第一歩となります。

目 次

中学校と高校の勉強の違い

高校では生徒間の実力に差が無い状況から学習がスタート

photo

中学校では、学区ごとに進学をするため、中1の段階でも生徒の学力にバラつきがあります。
しかし、高校では入試を経て入学してくるので、クラスメイトはほぼ同じ学力になっています。
つまり、入学した時点で実力に大差はなく、横一線からのスタートとなるわけです。
中学校で上位だったからといって勉強を怠っていると、最初の定期テストの順位に自信を失う結果になるかもしれません。

高校の授業は内容も進度もレベルアップ!

高校での授業は、中学時代とは比較にならないほど、その内容がレベルアップします。その難度はもちろんですが、高校3年間で扱う学習範囲は中学校と比べるととても広く、大学入試までにすべてを終えなければならないため、授業はどんどん進んでいきます。
高校の授業では、ちょっとでも気を緩めるとすぐに置いていかれるかもしれないという危機感をもって挑むことが大切です。
高校での学習は、高1の内容を土台として高2の学習、高2の学習を土台として高3の学習というように、学力の積み上げが不可欠であり、断片的な知識ではその先に進むことができません。そのため、一度つまずくと追いつくことが大変になります。
栄光の個別ビザビでは、講師が生徒の隣に座り指導を行うので、1人ひとりの問題の解き方などをチェックし、知識が不完全な部分を早い段階でつぶしていきます。効率の良い学習を普段から行うことで、大学入試にも対応できる力を身につけていきます。

高校1年生の成績から大学入試に影響するので気が抜けない

大学入試には一般入試と推薦入試はあり、全体の4割以上の受験生が推薦入試制度を利用して大学へ進学しています。
推薦入試の多くで出願条件となるのが、高1の1学期(2学期制であれば前期)から高3の1学期(同前期)までの「評定平均(内申点)」です。
その評定をきめる定期テストは、3学期制の高校で全12回(2学期制は全10回)実施され、そのうちの5回(2学期制は4回)は高1の成績が評定平均の約4割を占めていることになります。
もちろん評定平均が高ければ出願先や利用できる入試方式の選択肢が増え、それだけで志望校に現役合格できる可能性が高まります。
そのため、ビザビでは高1の定期テスト対策は特に力を入れています。志望校が決まっていない場合でも、評定が高ければ志望校の選択肢が広がるので、高2、高3になって後悔することが無いように、受験は高1からスタートしていることを認識して最初の定期テストから全力で取り組みましょう。

文系・理系の選択(文理選択)をする

ほとんどの高校では高2から、文系または理系、国公立または私立というように、希望する進路別に授業やクラスが編成されます。
そのため、高1の秋に自分が進むべき進路決定しなければなりません。
つまり、入学から10月までの半年の間に、将来の大まかな進路の方向性や教科の適性を見極め、文系か理系かといった選択を迫られることになります。
後悔のない進路選択をするためにも、入学直後から自己の適性や興味・関心についての分析、大学や学部・学科に関する調査を進めておきましょう。

高校入学後の勉強法

最初の定期テストが肝心!最初に良い結果を出すことが今後につながる

高校の授業が始まる4月~6月は、学校行事や部活動など、学校でのスケジュールに多くの時間を割くことになります。勉強のペースがつかみにくく、高校に合格できたことで燃え尽き症候群になってしまい、勉強に集中できなくなることも。
しかし、この時期を早めに乗り切ることが今後の学習を有利に進める上で、もっとも重要な時期です。
先ほども書いた通り、高校1年生の最初はほぼ同レベルの成績の集まりなので、最初はあまり差が開きません。しかし、時間が経つにつれて、入学後の時期の勉強の差が学力の差につながり、その後の学力の差につながってしまうのです。
最初に良い結果を出してコツをつかんだ人は勝ち続ける傾向にありますから、学校の授業はもちろん、塾で予習・復習を行い学習習慣をつけることが重要です。

中学校と高校の違いに戸惑わないために。

photo

栄光の個別ビザビでは、1年生のうちから定期テスト対策をしっかりと行います。
授業での対策はもちろん、1人ひとりのスペースが区切られた自習室(i-cot)でテスト勉強をすることができます。自習中にわからない問題は、授業以外の時間でも先生に質問できるほか、受講していない教科の質問もOK。 積極的に活用してください。

かんたん30秒入力 資料請求
体験学習 申し込み

大学受験専門の学習塾「大学受験 ナビオ」

photo

ビザビの姉妹ブランド「大学受験ナビオ」は、大学受験専門の学習塾。グループ指導・個別指導・映像指導の中から最適な学び方をご提案し、大学受験現役合格へと導きます。
ナビオには授業を行う教師とは別に学習面での悩みを一緒に解決してくれる「ナビゲーター」がいます。先生よりも気軽にいろいろ相談できる「頼れる存在」です。多くの受験指導に携わり、生徒の成長を見守ってきたナビゲーターが、新しい環境に慣れるようサポートしていきます。

大学受験ナビオ

LINEでも勉強に役立つ情報を配信中!

ビザビの公式LINEアカウントでは、勉強に役立つ情報やお楽しみコンテンツを配信中!ビザビとお友だちになろう!

友だち追加

ページトップへ

プライバシーマークを取得しています