[推薦・AO入試] 高校では教えてくれない小論文・レポートの書き方

facebook twitter line

文部科学省が定める学習指導要領の中には、小論文という科目は含まれません。そのため、授業の中で小論文を学習する時間があったとしても十分な対策が行えているとはいえず、合格のためには自己学習が必須となります。ここでは、記述すべきポイントや出題パターンなどを確認し、実例を交えながら、小論文で押さえたいポイントと具体的な対策方法を学んでいきましょう。

目 次

AO入試で採用される小論文とは

photo

小論文とは自分自身の主張を、道筋を立てて説明した文章のことを指します。
論理的思考力や読解力だけでなく、国語力、教養、人間性などを総合的に測ることができるため、面接試験と同様に多くの大学の推薦・AO入試で採用されています。

AO入試における小論文・レポートの出題形式

「小論文」の出題形式は、主にテーマ型、課題文型、データ型の3種類があります。
テーマ型が最も多く出題されますが、上位校を中心に課題文型もよく課されます。データ型は理系学部で頻出です。どのパターンが出題されても記述ができるよう、対策を行いましょう。

頻出出題形式①:テーマ提示型小論文

論述すべきテーマや設問のみが示され、それにそって意見論述を行う。

頻出出題形式②:課題文型小論文

与えられた課題文を読み、それを踏まえた上で設問内容の記述を行う。

頻出出題形式③:データ型小論文

提示されている図表を読み取り、それに関する設問の論述を行う。

頻出出題形式④:その他

特定教科の知識を論述形式で述べさせる出題、英文での論述、課題文とデータがともに与えられて論述させるものなどがあります。

過去の小論文出題事例

社会科学系

課題文を読み、筆者は持続可能な福祉社会をどう実現すべきだと述べているか要約したうえで、それに対してあなた自身の意見を述べよ。(中央大学・経済)

教育・教員養成系

新聞記事を読み、登場する母親が抱えている問題を3つ挙げよ。次に、その中から1つ取り上げて、その問題を解決するためにどのようなことが必要か、あなたの考えを述べよ。(東京学芸大学・教育・幼児教育選修)

体育・芸術系

ここ数年、スポーツ現場における「体罰」が問題視されている。日本体育大学では反体罰・反暴力を宣言しているが、この点に関するあなたの考えを述べよ。(日本体育大学・体育)

小論文を書くうえで、必ず押さえておきたいこと

小論文を書き始める前に段落構成を考える

小論文を書く前に、どのような段落の構成にするかを考えましょう。
代表的な段落構成に、起承転結型、最初と最後の両方で結論を示す双括型(そうかつがた)、結論を示した後で、根拠や裏付けを示す頭括型(とうかつがた)、最初に根拠や裏付けを示して、最後に「だから」と結論を示す尾括型(びかつがた)などがあります。
例えば双括型では第一段落に意見、第二段落以降に根拠、最終段落で意見のまとめを行います。

設問に沿った意見(賛成・反対など)を書く

小論文には、必ず設問が設定されています。
この内容を的確に理解し、設問に沿って意見を述べます。
例えば、「選挙年齢を18歳に引き下げることの是非について」という設問の場合、「18歳に引き下げるべきだ」「引き下げるべきでない」とあなたの意見を答えるようにしましょう。

意見に対する根拠を説明する

ただ意見を主張するだけでなく、たとえば「選挙権年齢を引き下げると、若年層の民意が反映されやすくなるからだ。」などと、自分の意見に対してなぜそう考えたのかという根拠を説明しましょう。
その際には、客観的事実を根拠に挙げながら、自らの主張の重要性や問題点を説明するようにします。
なお、根拠説明は「18歳の私から見ても、周りのみんなも同じ意見を持っているから」など、狭く偏った視点で物事をとらえようとするのは避けましょう。
また、「子どもたちの意見が通らないことに怒りを覚えるから」などと感情・気持ちで根拠を語るのも避けるべきです。

根拠の裏側にある要因を探る

社会的・心理的背景など、その根拠の裏側にある要因を探り、文書に盛り込んでみましょう。
例えば、選挙年齢引き下げの背景には「少子高齢化の進展によるシルバー民主主義の台頭」という社会的背景があります。
こういった背景を語ることによって、文章に説得力が増していきます。

小論文やレポートを書くうえで、気を付けたい表現・表記

小論文やレポートを書く際にはもちろんのこと、一般的な文章を書く場合においても、表現や表記には気を付けなければなりません。
正しく使用できていなければ、思っている内容を正確に伝えることができません。
それだけでなく、小論文における表現や表記上の誤りは、減点対象となる恐れがあります。
以下の項目は、高校生によくみられる特に注意したい誤りです。小論文を書く前に確認しておきましょう。

誤りやすい漢字・送りがな・かな表記

漢字、送りがな、かな表記にの誤りに気を付けましょう。
また、漢字で書けるものは原則漢字で表現します。
しかし、思い出せない部分のみひらがなを使用した、漢字かな混じりの表現は適切ではありませんので、そうした場合は別の表現に置き換えるようにしましょう。
また、外来語の表記ミスにも気を付けましょう。

会話調の表現・略語

会話調の表現・略語の使用は、原則NGです。
会話調の表現としてよくみられるものを、書き換えの表現と一緒にまとめていますので確認しておきましょう。

NG表現 書き換え表現
なので このため
でも しかし
ちゃんと きちんと
...じゃない ...でない
お父さん

他にも、ら抜き言葉(見れる、食べれる、来れる)なども使用してはいけません。

表現技巧・無意味なカタカナ書き

体言止め、倒置法、省略などの表現技法は、その解釈を読み手にゆだねることになるため、書き手の意図を正確に伝えることを目的とする小論文での使用は避けたほうがいいでしょう。
また「思いやることがイチバンだ」などと無意味なカタカナ書きの使用も、同様の理由で控えましょう。

小論文を攻略するには、過去問分析とネタ集めが必須!

上記で分かるように、小論文を書くにはテーマに関連した知識が必要とすることが多くあります。
小論文対策を効率的かつ効果的にするためには、過去問分析とテーマに沿った知識をつける対策(ネタ集め)が重要です。
自分が受験をする大学の過去問の分析は必ずしておきましょう。
過去の出題テーマに特徴や偏りがあるなど、傾向がはっきりする場合があります。
頻出テーマが分かったら、頻出テーマを扱った小論文の参考書や塾の講座を活用することで、小論文を書く時に必要な知識を身につけることができます。

ビザビで小論文対策をしよう!

photo

栄光の個別ビザビでは、小論文の書き方や各種テーマに対応できる知識を身につける小論文対策の授業ができます。
また、AO入試の対策を万全に行いながら、一般入試対策も行っていくことができます。
あなたに合った学習スケジュールと、わかるまでじっくりと解説する授業であなたを志望大学へ導きます。

かんたん30秒入力 資料請求
体験学習 申し込み

大学受験専門の学習塾「大学受験 ナビオ」

photo

大学受験ナビオは、グループ指導・個別指導・映像指導の中から最適な学び方をご提案し、大学受験現役合格へと導きます。
ナビオには担当講師とは別に学習面での悩みを一緒に解決してくれる「ナビゲーター」がいます。先生よりも気軽にいろいろ相談できる「頼れる存在」です。多くの受験指導に携わり、生徒の成長を見守ってきたナビゲーターが、1人ひとりに最適な学習プラン「現役合格ロードマップ」を作成します。1人ひとりの性格や学習状況を把握しながら、合格までしっかりナビゲートしていきます。

大学受験ナビオ

LINEでも勉強に役立つ情報を配信中!

ビザビの公式LINEアカウントでは、勉強に役立つ情報やお楽しみコンテンツを配信中!ビザビとお友だちになろう!

友だち追加

ページトップへ

プライバシーマークを取得しています