[高校生必見] 大学入試でよく聞くAO入試とは?

facebook twitter line

大学に入学するためには、入学試験(入試)を突破しなければなりません。しかし、大学入試には入試方法も様々あり、わかりにくいことが多くあります。今回は大学入試の入試方法の中でも中学受験や高校受験になかったAO入試について、わかりやすく解説していきます。

目 次

AO入試とは?

photo

AO入試とは、アドミッションズ・オフィス(入学許可事務局)の頭文字で、海外で始まった試験方法です。テストの点数だけではわからない、志願者の能力を様々な側面から評価し、合否を決定します。志望校入学への強い意志や自分自身と大学との適性をはかることを目的としています。
一般的なAO入試では、書類選考ののち、面接試験が実施されることが多いですが、中にはオープンキャンパス参加を出願条件とする大学、面接を複数回行う大学、プレゼンテーションやグループディスカッションを課す大学もあるので、必ず出願条件を確認してください。

受験生にとってメリットが大きいAO入試

AO入試は受験生にとって様々なメリットをもたらします。出願資格を有するのであれば、前向きに受験を検討してみましょう。

選考方法が豊富

AO入試は学力の有無だけでなく、意欲・素質・大学との適合性などをもとに総合的に判断します。学科試験が行われないケースも多く、偏差値や得意・不得意科目などにとらわれずに受験校を決定することができます。場合によっては一般入試では入学が難しいと思われる大学に合格することも可能となります。

大学合格のチャンスを増やす

一般入試だけでなく、推薦入試やAO入試を受験すれば、志望校・志望学部の入試にチャレンジする機会が増えます。また、大学によっては一般入試よりも倍率が下がることもあるので、チャレンジすることで、より合格の可能性を高められるといえるでしょう。

特待生にチャレンジできる可能性も!

一部の大学では、推薦・AO入試の合格者であっても、学力特待生入試や奨学金選抜試験を受験することが可能です。もし合格すれば、授業料免除や奨学金を受けることができます。自分の志望校でこのような制度があるか一度確認しておくとよいでしょう。

自分が知らない自分を発見しよう!

photo

AO入試には自己アピールを重要視している大学も多くあります。しかし、高校生には自己アピールが苦手な生徒が多く、出願書類で苦労しがちです。
栄光の個別ビザビでは、講師が常に生徒の様子を観察しながら授業を進めていきます。そのため、生徒の性格や個性を把握しているので、本人が思ってもいなかった特技や長所がみつかることも。
生徒1人ひとりと会話をしながら、一緒に最適な進路や出願大学・学部のマッチングなど出願戦略を考えていきます。

かんたん30秒入力 資料請求
体験学習 申し込み

良いことづくしに見えるAO入試、しかしデメリットも

メリットを見るとよいことだらけに見えるAO入試ですが、もちろんデメリットもあります。
AO入試の受験を検討するうえで、自分にとってメリットとデメリットのどちらが大きいかを考えましょう。

一般入試との両立の難しさ

AO入試では、志望理由書の記入対策や小論文、面接対策など一般入試とは異なる対策が必要となります。そのため、合格するにはこれらの学習や入念な準備が欠かせません。
そうなると一般入試とAO入試の対策の両方が必要となり、受験期の学習量は膨大なものになります。場合によっては、試験対策の両立が困難になることもあり、どちらも中途半端になる恐れがあります。

精神的ダメージの大きさ

AO入試は単なる入試方式であり、合格が100%保証されているわけではありません。
特に合格発表は一般入試対策の佳境の時期となるため、結果が不合格であれば影響することも。安易な気持ちで受験することは好ましくありません。

合格後の自己管理の難しさ

推薦・AO入試合格後から入学までの数か月間、学業に関してはほぼ自己管理です。ここで学習を疎かにすると、大学入学後の授業で大変な困難を強いられることになります。
特に、一般入試の難度が高い大学の場合、入学までの間に、基礎学力を総合的に高める学習が必須です。厳しい自己管理と計画学習が求められます。

AO入試の時期

一般的に一般入試より早い9月~10月ごろの試験が実施されます。
ただし、高3の5月ごろからエントリーが始まるところや、夏休み中に出願しなければならない大学もあるので志望大学の決定は早めに行う必要があるでしょう。

AO入試で併願はできるのか

受験校以外の大学にも出願できるか否かによって、専願と併願の2種類に分けることができますが、多くのAO入試が専願制です。
ただし、不合格の場合は別の大学・学部を受験することができるほか、AO入試と公募制推薦の両方を実施する学校は、出願条件を満たせば、両方の出願が可能なこともあります。
他にも一部の大学では、推薦・AO入試の出願時期を複数回設け、2回以上の出願を認めています。中には複数回出願すると、受験料を割り引く大学もあり、同じ大学の試験を何度も受けることができるのは大きなメリットです。

栄光の個別ビザビなら、AO入試対策と一般入試の両立も万全!

photo

AO入試は必ず合格が保証される入試ではありません。そのため、一般入試の対策も並行して行う必要があります。栄光の個別ビザビでは、受験生1人ひとりに寄り添い指導を行っているので、AO入試の対策を万全に行いながら一般入試対策も行っていきます。
あなたに合った学習スケジュールとわかるまでじっくりと解説する授業で、あなたを志望大学へ導きます。

かんたん30秒入力 資料請求
体験学習 申し込み

大学受験専門の学習塾 大学受験ナビオ

photo

大学受験ナビオは、グループ指導・個別指導・映像指導の中から最適な学び方をご提案し、大学受験現役合格へと導きます。
ナビオには担当講師とは別に、学習面での悩みを一緒に解決してくれる「ナビゲーター」がいます。先生よりも気軽にいろいろ相談できる「頼れる存在」です。多くの受験指導に携わり、生徒の成長を見守ってきたナビゲーターが、1人ひとりに最適な学習プラン「現役合格ロードマップ」を作成します。あなたの性格や学習状況を把握しながら、合格までしっかりナビゲートしていきます。

大学受験ナビオ

ページトップへ

プライバシーマークを取得しています