小学生・中学生・高校生の学習塾、栄光ゼミナール個別指導塾ビザビ(公式サイト)
サイト内検索
フリーダイヤル0120-031-291 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. ビザビ体験談
  3. ビザビで何度も問題を解いて、苦手だった数学で100点がとれました!
ビザビ体験談

定期テスト対策部活・習い事との両立高校受験対策

ビザビで何度も問題を解いて、苦手だった数学で100点がとれました!

ビザビ熊谷校 A.U.さん(公立中3年)

数学・英語・国語・理科・社会 各1講座/週3回

ビザビに通うようになった時期ときっかけを教えてください。

中学生になると学習内容が難しくなる上に定期テストで順位が発表されると聞き、今の成績を維持してもっと伸ばしていくためにも塾に通いたいと思いました。それで、中学入学前にビザビの春期講習を受けてみたら、ピンときたというか。すぐに入塾して、ずっと通い続けています。

ビザビのどんなところが良かったのですか?

私はみんなの中で手をあげて質問したりするのが苦手なタイプなので、ビザビなら自分のペースに合わせて学習が進められるのでいいなと思いました。それから、最初のテストで先生が答案を分析してくれて、私の弱点を説明してくれたんです。自分では気づかなかった部分を指摘してもらえたのが良かったし、納得してやる気になりました。

何の教科を受講していますか?週に何回通っていますか?

5教科全部受けています。通うのは水、木、土の週3回です。部活動で吹奏楽をやっていて、平日は練習で大変なので水曜は理科、木曜は国語だけにし、土曜に他の3教科を受けています。ビザビは、自分のスケジュールに合わせて決められるのも良い点だと思います。

授業ではどんな内容を学習していますか?

ふだんは、中間、期末などの定期テストに向けて目標の点数や順位を設定し、そこから逆算して学習内容の計画を先生といっしょに立てて、勉強しています。苦手な分野がテスト範囲に入っていたら、その部分を中心にくり返し問題を解きます。何度もやると「できる!」という気持ちがわいてきて、落ち着いてテストにのぞめます。

ビザビの気に入っているポイントを教えてください。

学校より勉強がしやすいというか(笑)。学校だとわからないところがあっても淡々と進んでしまいますが、ビザビでは先生が私の苦手分野を把握していて、それに合わせて指導してくれるので、学習項目の1つひとつを、ちゃんと理解してから次に進む感じです。そこが一番良いと思います。

ビザビの先生はどんな先生ですか?

先生は気さくで話しやすいです。最初に入ったときからずっと同じ先生が見てくれているので安心できるし、勉強以外にも「部活動でこんなことがあったんだよ」とか、いろいろなことを話しています。

塾に通い始めてから、成績は上がりましたか。

5教科すべて安定して得点が取れています。特に数学は中3になって急に難易度が上がり、できない問題が多くなり大変でした。でも、ビザビでずっと勉強しているから、今は難しくなっても対応できています。数学で一番苦手な平方根がテスト範囲だったとき、ビザビで何度も問題を解いて、その結果、なんと初めて数学で100点が取れたんです! あのときはホントにうれしかった。

i-cot(自立自習室) はどんなときに利用しますか?

静かで集中できるので、テスト前の1ヵ月は毎日利用しています。部活動が終わるとすぐにi-cot に入り、夜10時まで勉強します。部活動の練習時間によって違いますが、5時から10時とか、7時から10時とか、とにかく最後の10時までいます。家ではスイッチがオフになる感じですが、ビザビで勉強モードになれるので、うまく切り替えができています。

定期テスト対策勉強会には参加していますか。どんなところが良いですか?

中1の中間テストのときから欠かさずに参加しています。中学校が違う人も集まりますが、それぞれが自分のテスト範囲に適した勉強をしています。数人の先生が教室内をずっと回っていて、わからないところは手をあげるとすぐに来てくれて、丁寧に説明してくれます。みんな真剣にやっているので、自分も集中できるところが良いと思います。

高校受験に向けて、目標や対策は立てていますか?

はい、志望校はほぼ決まっています。先生が「こんな問題が出るかもしれないよ」などと志望校対策を示してくれるので、今後は合格に向けて集中したいです。

将来の夢はありますか?

将来の夢は通訳とか、英語を使う仕事に就くことです。英語が好きなので、それを活かせたらいいなと。そのためにも、短期留学の制度がある高校を志望しています。大学は国立大学か、できれば海外の大学に行きたいです。実現できるようにがんばります!


(2019/09)
このページTOPへ