小学生・中学生・高校生の学習塾、栄光ゼミナール個別指導塾ビザビ(公式サイト)
サイト内検索
フリーダイヤル0120-031-291 (月~土)10:00~21:00 (日・祝)10:00~18:00
  1. ホーム
  2. 教室を探す
  3. ビザビ横浜校

ビザビ横浜校

電話
045-577-2510
受付時間:日曜日を除く、14:00~21:00
上記以外の時間はフリーダイヤルをご利用ください
住所
〒221-0056 横浜市神奈川区金港町7-15 TKビル1階

ビザビ横浜校の時間割や受講料がわかる詳しい資料をお送りします

教室の様子

  • JR横浜駅北東口から線路沿いに歩いて約7分。 Z会エクタスとビザビの看板が目印です。
  • 私立の中学校や高校で使用している『体系数学』『NEW TREASURE』を用いての指導も可能です。ぜひ、ご相談を!
  • 答案分析⇒定期テストが返却されたら必ず分析をしています。課題への対策はここから始まります。
  • フロア⇒ちょっと一息できる軽食も食べれるフロアです。自習室も完備、自主学習計画を一緒に立てよう。
  • 教室⇒ビザビ横浜校で夢を叶えよう!教師一同、お待ちしています!

教室へのアクセス

ビザビ横浜校地図
最寄り駅

●JR東海道本線・京浜東北線・根岸線・横須賀線/横浜駅
●京浜急行線・東急東横線・みなとみらい線・相模鉄道・横浜市営地下鉄ブルーライン/横浜駅

道案内

横浜駅の「きた東口A」から左側(横浜ベイクォーター方面)に出て線路沿いに進み、「MMC三本コーヒー本社ビル」を右に曲がった左手のビル1階がビザビ横浜校です。

Google Mapで見る

教師紹介

高橋 豊(室長)

努力することを楽しもう!
指導教科
英語・国語・社会・算数
指導方針
生徒1人ひとりに「わかる」言葉で教えます。
メッセージ

難しい教科や苦手な教科も、糸口さえつかめればきっとできるようになります。一緒に「わかる」喜びを体感しましょう。

市川 雅一(教務主任)

勉強の楽しさを一緒に発見しよう!!
指導方針
「何のための勉強か?」を考える
メッセージ

「がんばっているのに点数が上がらない」
「苦手教科で点数が取れない」
「テストになると解けていた問題が解けなくなる」
「部活をがんばりたいから勉強は後回し」
「テスト前だけ徹夜で勉強している」
「模試で点数がとれない」
今までこういったお悩みを抱えた生徒さんにたくさん会ってきました。
また、今そういった悩みを抱えてこのホームページを閲覧している生徒さんの保護者の皆さまも多いことでしょう。
勉強の仕方は十人いれば十通りあり、自分のしてきた勉強法を他人に説明はできても、自分にあった勉強法を自分自身で見つけるのは至難の業です。
そこで我が横浜の教室で取り組んでいるのが答案分析です。
答案を間違えた理由で色分けをし、今後の学習の進め方と目標を生徒さん1人ひとりと共有し、その状況を保護者の皆さま1人ひとりと共有しています。
勉強を1人で孤独にがんばるのではなく、塾とご家庭と生徒さんが肩を組んで成績の向上に努めるのが横浜の教室の方針です。
今ひとりで悩んでいるそこのあなた、お子さんの成績で悩んでいる保護者の皆さま、ぜひ教室までご連絡ください。一緒にそのお悩みについて考えます。ご連絡お待ち申し上げております。

お知らせ

2017年7月31日

ビザビ横浜校ってどんなところ?

ビザビ横浜校は、個別指導専門塾です。
横浜駅 北東口 から徒歩7分という立地もあり、反町・高島台・台町・鶴屋町・金港町・高島町・栄町・大野町・青木町など横浜駅近隣にお住まいの方から、みなとみらい方面や東神奈川方面、乗換え等で横浜駅を利用される、遠方にお住まいの方まで多くのお子さまが通塾されています。


近隣の公立校では
■幸ヶ谷小学校
■青木小学校
■栗田谷中学校
■松本中学校
■浦島丘中学校
■軽井沢中学校


近隣の私立校では
■関東学院小・中・高校
■青山学院小・中・高校
■慶應義塾中・高校
■神奈川大学附属中・高校
■桐蔭中・高校
■洗足学園中・高校
■日本大学中・高校
■横浜雙葉中・高校
■神奈川学園中・高校


などのお子さまが通塾されています。


個別指導の強みを活かし、お子さまの目標・性格・長所・弱点・ご通学の学校に応じてカリキュラムを作成し、授業はもちろん家庭学習のフォローまで、きめ細かく指導していきます。


☆★指導方針☆★
子どもたちの夢を叶える塾
生徒の成績向上にこだわる塾


通塾目的別の詳細な方針は、下記「教室紹介・メッセージ」をご覧ください。


☆★コース例☆★

・中学受験対策(公立中高一貫校も含む)
・高校受験対策
・大学受験対策
・公立小学校進学
・私立中高一貫校生の定期テスト対策
・内部進学対策
・英検対策


その他、お子さまの通塾目的に合わせて柔軟に対応いたします。


☆★受講例(税込・月謝総額)☆★
・小4 1講座(算数)       【週1回×80分 21,060円】
・小6 3講座(算数・国語・理科) 【週3回×80分 49,140円】
・中2 2講座(数学・英語)    【週2回×80分 35,640円】


組み合わせは自由です。

2017年7月31日

★☆★ビザビ横浜校 夏期講習受付中!★☆★ 

夏休みはいかがお過ごしでしょうか?
8月に入り、学校の宿題がそろそろ気になり始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。
計画的に課題を進め、知識を身につけるためにも、夏の過ごし方が重要です。


夏休みはそれぞれの学習課題を解決できる絶好の機会。
いま、お子さまが最も時間をかけて取り組むべき教科は、何でしょうか?単元は、どこでしょうか?
個別指導専門塾であるビザビ横浜校では、どこの塾よりも丁寧に、かつ的確に今のお子さまに必要な学習提案を行います。


≪日程・時間一覧≫
以下のスケジュールで開室しております。


Ⅰ期:7/22~7/25 →終了しました
Ⅱ期:7/27~7/30 →終了しました
Ⅲ期:8/1 ~8/4  →あと少しで満席!
Ⅴ期:8/6 ~8/11 →あと少しで満席!
Ⅵ期:8/23~8/26
Ⅶ期:8/27~8/30


その他詳細は、お気軽にお電話ください。
まずは、ぜひ一度お子さまのご様子をお聞かせください。
第Ⅱ期など一部の時間帯では満席の場合もございます。
ぜひ、お早目にお問い合わせください。

2017年7月31日

◇◆◇速読国語受講生受付中!◇◆◇

神奈川県立入試の、国語の文字数がどのくらいかご存知でしょうか?
2017年の入試の文字数は、15,047文字(原稿用紙37枚分)です!
(センター試験約22,600文字)


東京都は約12,000文字、千葉県・埼玉県は約9,000文字とのこと。
首都圏の公立高校入試では、No.1の文字数です。


また、『公立中高一貫適性検査』では……
何と、16,436文字(原稿用紙41枚分)と県立高校入試を上回る文字数の学校もあります!
だからこそ、「速く」「正確に」文字を読み取ることが重要です!


その対策として、ビザビ横浜校では個別指導だけではなく、速読国語のご受講が可能です。
速読国語のトレーニングプログラムにより、読解スピードが飛躍的に向上します。
国語の文章題だけではなく、算数・数学、社会、理科の長い文章題も全体を理解し把握するスピードが格段に上がるため、問題演習に時間を割くことができ、結果として成績アップの大きな手助けとなります。
私立中受験・公立中高一貫校受験・高校受験・大学受験に有効です!


週に1回、30分のトレーニングを定期的にくりかえし、半年に1回の「速解力検定」で進捗を確認。
また夏休みの期間には「速読甲子園」という全国の受講生と競うイベントで自分の実力を試す機会もあります。
多くの生徒さんが、がんばってくれています!


ビザビ横浜校では小学1年生から高校3年生まで受講可能です。
公立・私立小学校、多くのスポーツチーム、沢山の企業の研修にも取り入れられている講座です。


ぜひ、この機会にお試しください!


★無料体験会のお知らせ★
個別面談形式での体験会になります。
毎週土曜日(14:00~/16:00~/18:00~)・平日(時間はご相談ください)も実施可能です。
日本速脳速読協会認定のインストラクターが速読体験をサポートいたします。
ぜひご参加ください。


ご予約はTEL:045-577-2510 市川・髙橋までご連絡ください。

教室紹介・メッセージ

☆★【ビザビ横浜校 中学受験必勝法】★☆

【個別指導だからできる!ビザビ横浜校での対策】


ビザビ横浜校では、お子さまそれぞれに応じたカリキュラムを作成し、個別指導ならではの丁寧かつきめ細やかな指導で中学受験対策をしています。
個別指導のみで中学受験対策をしているお子さまだけでなく、ゼミナールやエクタス・他の大手集団塾との併用生も多数在籍しています。
グループ指導ではフォローしきれない部分まで徹底して指導していきます。
以下、ビザビ横浜校の指導方針を説明いたします。


★算数編★
①模試・過去問演習答案の分析から弱点炙り出し
テストの答案からお子さまのつまずいている要因を炙り出します。
単元も多く難易度の差も大きい算数では、「弱点の分析」が非常に難しくまた重要になります。
算数が苦手なお子さまは、「どこがわからないのかがわからない」状態に陥っていることが非常に多いです。
例えば模試で「速さ」の問題の得点が低かったからといって、その子の弱点が「速さ」とは限りません。
比や割合の処理が定着していない、面積図の使い方を理解していない(そもそも使うことに気付けていない)、リード文を読み解けていない…など考えられる弱点は多数あります。
答案分析からどこに穴があって、どう対策していくべきかを提案します。


②基礎力の定着
基本事項の定着を図ります。具体的には面積図・線分図等のツールが使いこなせる、比・割合の処理ができる、平面図形の基本公式が言える…などです。
最終的には「覚えるくらい」反復し定着さます。しかし丸暗記に走るのではなく、なぜその処理をするのか仕組みを理解することが重要です。解法の丸暗記では応用問題に太刀打ちできません。
例えば、「平均」の分野で面積図の基本原理をきちんと理解した子は、食塩水の問題でも速さの問題でもそれを応用して使いこなすことができます。
面積図の解法を丸暗記していただけでは、似たような問題しか解けず、様々なパターンを「覚えなければ」いけなくなってしまいます。


ビザビ横浜校では「原理を自分で説明できるまで」理解することにこだわります。
個別指導の授業の中で、単なる暗記に走っていないかをチェックしながら授業を進めていきます。


③応用力のブラッシュアップ
教師と生徒とのコミュニケーションの中で、解答に至るプロセスを共有することで、思考力と試行力を鍛えます。
難関校の入試問題は、複数の分野にまたがる複雑で難解な問題も多数出題されます。
同じ問題は二度と出題されませんが、似たような発想・プロセスが求められる問題は繰り返し出題されるため、過去問対策が合格の鍵を握ります。
「正解はこうだ」と天下り的に教え込むのではなく、例え誤答であっても生徒の発想を組み取りながら、問題の着眼点や基本事項の使い方をマスターしていきます。


★国語編★
①模試・過去問演習答案の分析から弱点炙り出し
テストの答案からお子さまのつまずいている要因を炙り出します。
国語が苦手なお子さまは「漠然と」国語の問題にあたってしまっていることが非常に多いです。
例えば、何となく読んで解答している、どれも正解に思えてくる(正解が複数あるように思っている)、選択問題で2択までは絞れたけどそこからカンに走ってしまう、記述問題では本文のそれらしい該当箇所から何となく抜き書きして答えているなど、陥ってしまいがちな状態は例を挙げればキリが無いほどです。
国語の点数をアップするには、そうしたポイントを明確に特定し、丁寧に補っていくことが重要です。
ビザビ横浜校では、お子さまの答案を徹底的に分析することでつまずいている要因を探し出し、対策プランを提案していきます。


②読解力の定着
中学受験で出題される長い入試問題を読み解く上では、文章の展開・構造の把握(論理的に読むこと)は欠かせません。
しかし同じ文章や問題が出ることは基本的にないので、問題演習をして、受け身の姿勢で漠然と模範解答を聞いているだけでは、国語の成績は伸びません。
教師との議論や会話の中で、問題と対峙した時の読解プロセスを共有し、論理的に文章を読み解くための解法を身に付けていきます。
すぐに身に着くものではないので、じっくりと丁寧に訓練していくことが重要です。


③記述力のブラッシュアップ
近年の難関校の入試問題は、記述問題の比重が年々高まってきており、記述問題の出来が合否を大きく左右します。
筆者・作問者の意図を捉えながら、文章を構造的に把握し、自分の言葉で明確に答えることが求められます。似たようなことをダラダラ書いていたり、何となく本文の内容を切り貼りしていたりでは点数は殆ど発生しません。
ビザビ横浜校では、個別指導ならではのマンツーマンレッスンで添削指導を繰り返し、「説明する力」を鍛えていきます。


※その他必要に応じて、漢字や慣用句・四字熟語などの基礎知識も宿題や小テスト等によりフォローアップしていきます。


★理科編★
近日公開予定

☆★【ビザビ横浜校 高校受験必勝法】★☆

ビザビ横浜校では、公立中学校に通う中学生の高校受験対策にも力を入れています。


神奈川県の高校入試の問題は年々傾向が変化し、学校の授業だけではその対策としては充分ではありません。
また、中学校1年生から3年生までの学習事項が範囲であるため、自分のわからないところを明確にし、入試までどういうスケジュールで勉強をしていくかを計画する必要があります。


ビザビ横浜校ではこれらを解決するために、2つの方法を用意しています。


1つ目は入試問題の分析です。
英・数・国・理・社の5教科について、それぞれ毎年の入試問題を解き、各教科どの分野が出題されるかを把握し、それを基盤とした授業を意識しています。


2つ目は学校の定期テスト分析・模試の分析です。
定期的に受検していただいている試験の結果から、本人のその時その時の苦手分野を把握し、それを授業スケジュールに組み込むことで入試までの期間でわからないことをしらみつぶしにしていきます。
また、年々分析した定期テストのデータから、横浜校近辺の公立中学校の定期テスト対策を実施することもできます。


これらの点から生徒の学習状況を定期的に評価し、最終的には神奈川県の入試問題に特化した学習指導を行うことができます。
以下、ビザビ横浜校の各教科の指導方針を説明いたします。


★数学編★
数学は、多くの中学生が苦手とする教科の1つです。
学校のテストでいい点がとれない、内申点が上がらない・・・といった悩みが多いと思います。
ビザビ横浜校では、そんな悩みを解決すべくいくつかの取り組みを行っています。


①1年生の内容の徹底
数学は、基本がわかっていないと何を習ってもできなくなってしまいます。
私たちは、入塾される際に必ず直近で受けたテスト結果などを分析いたします。
そこで見つかった弱点を克服するために、「1年生で習ったことがわかっているか」という視点から授業展開を考えていきます。
各学年で学ぶ内容のつながりを意識することが理解度を上げる近道です。


②入試問題を意識した授業
神奈川県公立高校入試の数学の中身は、毎年およそどの内容が出題されるか決まっています。
ふたを開けてみると、ほとんどが中学3年生に習うものなのです。
そこで、中学3年生の授業では学校の授業内容を理解させる指導に加え、早い段階から少しずつ入試の話をしていきます。
学校の内容と入試問題をリンクさせることで、入試の3か月前にはすでに数学の入試傾向を理解できている状態に仕上げます。


③中3の時点では2講座の受講がベスト
中3の時期は秋から入試問題などの演習を行っていかないといけません。
また、志望校によっては数学や英語が配点の高い学校もあります。
仮に英語の配点が高いとしてもやはり夏までに一通りの中3の内容を学習し終えていることが望ましいといえます。
そのような理由からビザビ横浜校では中3になる直前(中2の3月~)から数学を2講座ご受講いただくことを提案しております。


★英語編★
英語は、覚えることが多いため自分が何をわかっていないのかをハッキリさせる必要があります。
また、学校のテストと入試問題の難易度は天と地の差といっても過言ではないです。
では、どう学習していくべきでしょうか。


①まず、一番大切なのは「教科書の単語・熟語を覚える」ことです。
単調な作業であるため、多くの生徒たちはつい面倒くさいと感じてしまいます。
しかし、単語を知らないで英語を学ぶのはどうやったってできません。


②次に、「どこまで行っても1・2年生の文法」です。
数学の入試問題の内容のメインが中学3年生なのに対して、英語はほとんどが3年生になるまでに習ったことと言っていいでしょう。
だからこそ、1・2年生の時期に英語を確実に定着させる必要があります。
このようにとにかく覚えなきゃいけない・・・となってしまいますが、個別指導では個人のレベルに基づいて計画的・積極的に一つ一つ学んでいくことができます。


③英語が一番大変なのは中2の時期
中2で学習する英語文法を列挙いたします。
過去形・過去進行形・未来形・助動詞・不定詞・動名詞・比較・受動態…などです。
まず中1の文法が理解していないと(be動詞・一般動詞・現在進行形など)
中2の単元を学んでも理解できずどんどん新たな単元に進み、英語が崩壊します。
また学習する単元量も倍増します。


神奈川県の公立入試では中2から内申が関係してきますので、中2の時に力を入れるべきは英語が1番と言えます。
ビザビ横浜校では直近の狭い視野で考えずに高校受験まで見据えた広い視野での指導を行っております。


★国語編★
「国語の勉強って何をしたら良いですか?」とよくお子さまや保護者の皆さまから質問を受けます。
実際にビザビ横浜校での学習ポイントをご紹介します。


まず、国語の入試で必要な力は主に2つあります。
一つ目は漢字・熟語などの語彙、もう一つは文章問題への読解力です。
そしてそれらは勉強の仕方が異なります。


①語彙・知識
語彙は3年間を通して定常的にインプットし、テストなどで定期的にアウトプットする必要があります。
そのため、当塾では毎回の授業で漢字テストを行い、その結果から宿題や講習での内容を調整して一つ一つの知識をしらみつぶしに学習していきます。


②読解問題対策
一方、読解はただ問題を解いていくだけではできるようにはなりません。
読解問題を「どのように読むのか」「どのように解くのか」といったプロセスを中学生の早期の段階から習熟する必要があります。
この習熟度は個々の生徒の今までの読書量などによって大きく異なるため、特に国語に自信のない生徒には集団の中で勉強する前に個別にある程度の力を養っておくことが好ましいです。


③定期テスト対策
上記①②とは異なり、出題範囲が限られています。
『いかに準備を行うか』が大切です。
学校で配布されたプリントやノート・問題集などが鍵になります。
ここでは、如何に学校の先生が言っていたポイントを再現できるかという力が試されます。
個別指導の中で、実際にノート・プリントをお持ちいただき対策を進めています。

☆★【ビザビ横浜校 私立中高一貫校学習法】★☆

以下に2つ以上当てはまる方要注意です。


□学校の授業の進度が速くてついていけない
□今まで習った単元がなんとなくしか覚えていない
□今学校でどんな単元を勉強しているか即答できない
□学校の宿題を1人でやりきれない(実は写しちゃってます)
□塾に週1回通ってるけど成績が上がらない・・・
□中学入試、高校入試組と差がつかないか心配…
□部活が忙しい!!家に帰ったらすぐ寝てしまう。。


私立中高一貫校にお通いのお子さんあるあるです。


対策としては


■どこからつまずいているのか分析する必要があります。
■いつどのタイミングで復習するか決めないといけません。
■学校の勉強をまずしっかりと聞くことが大事です。
■携帯やゲームの時間と勉強の時間を分けましょう。
■週に1回の授業【だけ】で成績は上がりません。
■誘惑に負けない強い心を持ってください。


塾ができること と できないこと があります。
我々はできる限りのサポートはします。


でも最後はあなたの気持ち次第です。
変わる気持ちがある時こそ最大のチャンスです!

○●8月 1回(80分)体験学習受付中●○

『塾を探したいけど、なかなか時間が取れない・・・』
『夏休みも部活でいっぱいいっぱい・・・』
と言う方に朗報です!


ビザビ横浜校の個別指導を1回だけ無料で体験してみませんか?
速読国語も併せてご用意しております!!


【対象学年】小学1年生~高校3年生
【内容】学校や塾での模試などをぜひ、お持ちください。分析した上でベストな内容をご案内します。
【教材】教材については教室へご相談ください。


【時間割】
★平日
④15:50-17:10
⑤17:20-18:40
⑥18:50-20:10
⑦20:20-21:40


★土曜日
①10:50-12:10
②12:50-14:10
③14:20-15:40
④15:50-17:10
⑤17:20-18:40
⑥18:50-20:10


※満席になっている日時もございます。
最新の空席情報は、教室までお電話でお問い合わせくださいませ。


個別指導だけではなく、速読国語の体験も随時受け付けております!
30分程度で可能ですので、こちらもお気軽にどうぞ!!

★☆★お問い合わせ事例★☆★

ビザビ横浜校でお問い合わせをよくいただく事例です。
お子さまに合ったベストなプランを一緒に考えましょう!


①「定期テストの点数が伸び悩んでいて・・・」
私立生・公立生どちらでも大丈夫です。定期テスト分析より、何をしたら伸びるのか具体的に提案いたします。
ぜひ定期テスト対策にもお越しください。


②「勉強したいけど、部活が忙しくて・・・」
時間割の中から、お子さまが通える時間を選択する事が可能です。 
また、限られた時間をいかに効率良く使うか、授業・家庭学習・自習室の使い方までサポートします。


③「他塾に通っているのですが、成績が上がらなくて・・・」
中学受験・高校受験を問わず、他塾テキストにも対応しております。
何を変えれば、上手くいくのかを相談し、実行し、改善点を見つけ出すサイクルを1人ひとりに行います。


上記はあくまで一例です。もちろん、「勉強自体嫌い・・・」という方も大歓迎。       
このような1人ひとりの目的・目標に合わせて、学習計画を立てて「わかった!」「できた!」
を感じていただき、学ぶ「楽しさ」を実感していただきます。


1人ひとりの学習テーマに応えます

小学生

  • 私国立中学受験対策
  • 公立中高一貫校受検対策
  • 私国立小学校準拠
  • 苦手教科の克服
  • 習い事との両立
  • 学習習慣の確立 etc

中学生

  • 高校受験対策
  • 私国立中高一貫校準拠
  • 定期テスト対策
  • 部活動・習い事との両立
  • 英検など各種検定対策 etc

高校生

  • 大学入試対策(文系・理系)
  • AO推薦・公募推薦入試対策
  • 内部進学・定期テスト対策
  • センター試験対策
  • 国公立・私大二次対策
  • TOEIC・TOEFL対策 etc

時間割

ビザビ横浜校時間割
このページTOPへ